Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク・テクとトレンドマイクロが協業 - 検疫ネットワークサービスを提供

ソフトバンク・テクノロジーとトレンドマイクロは、「検疫ネットワーク運用監視サービス」を12月4日より提供開始する。

同サービスは、トレンドマイクロのネットワークウイルス対策機器「Trend Micro Network VirusWall 1200」を、ソフトバンク・テクノロジーの監視センターから遠隔で監視し、運用するもの。独自の監視ツールを用いてセキュリティポリシーに違反した端末を検知し、ネットワークへのアクセスを防ぐとともに、リアルタイムに管理者へメール通知する。

また、監視結果を項目別にまとめた月次レポートが提供される。これにより、社内のセキュリティポリシー遵守状況が容易に把握できる。月額費用は、18万9000円から。初期費用や導入支援費用などが別途必要。

(Security NEXT - 2006/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加