Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の氏名を含む行政情報が委託先からWinny流出 - 栃木県高根沢町

高根沢町が管理する住民情報38名分が、委託会社社員のパソコンからWinnyを介して流出したことがわかった。

流出したのは委託業者が住宅地図から作成した下水道事業の設計内容に関するファイルで、住民38名分の氏名が含まれていたという。10月10日に外部からの通報があり判明。11日には流出したファイルを特定した。

該当する住民に対しては、直接訪問して説明と謝罪をした。同町では再発防止に向けてセキュリティポリシーの見直しを行い、委託事業者に対し情報の厳重管理を指導したという。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協