Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとライトワークス、内部統制教育コンテンツをeラーニングで提供

日本オラクルとライトワークスは、社員研修向けの内部統制教育コンテンツを、eラーニング形式で提供開始する。

日本オラクルの企業向け業務アプリケーションの教育管理システム「Oracle Leaning Management」と「PeopleSoft Enterprise ラーニングマネジメント」の2製品に、ライトワークスの内部統制やコンプライアンス向け教育コンテンツを搭載して提供する。

日本版SOX法に関する基本的な知識や担当者が行う作業の概要、個人情報保護法への対策など、全22コンテンツが用意されている。これにより、社員はeラーニング形式で内部統制やコンプライアンスに関する知識や技術を修得できる。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集