Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとライトワークス、内部統制教育コンテンツをeラーニングで提供

日本オラクルとライトワークスは、社員研修向けの内部統制教育コンテンツを、eラーニング形式で提供開始する。

日本オラクルの企業向け業務アプリケーションの教育管理システム「Oracle Leaning Management」と「PeopleSoft Enterprise ラーニングマネジメント」の2製品に、ライトワークスの内部統制やコンプライアンス向け教育コンテンツを搭載して提供する。

日本版SOX法に関する基本的な知識や担当者が行う作業の概要、個人情報保護法への対策など、全22コンテンツが用意されている。これにより、社員はeラーニング形式で内部統制やコンプライアンスに関する知識や技術を修得できる。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器