Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

簡易保険の顧客情報81件などがWinny流出 - 鹿児島の郵便局

日本郵政公社は、従業員の私用パソコンから、簡易保険の顧客名簿や郵便局職員の個人情報などを含むファイルがWinnyを介して流出したと発表した。

流出したのは、同職員が2003年鹿児島県串良郵便局に勤務していた当時に作成した保険料払込団体代表者名簿。団体名、代表者、住所、電話番号など81件が記載されている。また、郵便局職員23名分の氏名および携帯電話番号のほか、業務用のデータについても流出した。

同従業員は、流出原因となったパソコンでWinnyを利用しており、ウイルスに感染したことにより流出したという。該当する顧客に対しては、個別に訪問して謝罪している。

(Security NEXT - 2006/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市