Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

簡保契約者リスト紛失の可能性 - 滋賀県内の郵便局

滋賀県の水口郵便局が1998年から1999年にかけて作成した簡易保険の一部顧客リストが外部に漏れた形跡があることがわかった。

外部に流出した可能性がある書類は、簡易保険の「既契約お客様リスト」計4枚で、200契約分の顧客情報が記載されている。契約者の氏名、住所、および被保険者の氏名、生年月日、性別、保険証書記号番号、保険種類、保険金額などが含まれているという。

7月23日に、同支社の保険事業部長宛てに同リストを封入した差出人不明の郵便物が送られたことで判明。その後同様の郵便物が2回に渡って送られた。

日本郵政公社が調査を行ったところ、1998年および1999年当時に同リストを紛失していた可能性が高いことがわかったが、さらに当時同郵便局が受け付けたすべての契約情報を紛失した可能性もあるという。

同社では該当する顧客に対して直接謝罪と説明をするとともに、問い合わせ電話を設置して対応する。また、詳細解明に向けて引き続き調査を続行するとしている。

(Security NEXT - 2006/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ