Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小林記録紙、顧客情報300件が車上荒らし被害に

小林記録紙は、8月24日に業務車両が車上荒らしに遭い、ノートパソコンや携帯電話などとともに顧客情報約300件が盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、顧客の氏名、住所、性別、電話番号、会社名、部署名などを含むデータ約300件。同社従業員が大阪市内のコイン駐車場へ車を駐車し、昼食に行った隙に車上荒らしに遭い、車内にあった営業鞄やノートパソコン、携帯電話などを持ち去られたという。

同社ではただちに被害届を提出するとともに、該当する顧客に対し電話や訪問による説明と謝罪を行っている。また、文書による通知も行う予定。

(Security NEXT - 2006/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始