Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弥生の顧客情報漏洩事件、依然流出経路特定できず

弥生は、2006年7月に発生した顧客情報漏洩事件の原因調査について経過を公表した。

同事件は、会計ソフト「弥生」シリーズのユーザー16万4304名分の顧客情報が流出したもの。同社では、顧客情報へアクセスできた社員17名に対し、ヒアリング調査などを実施したという。

また、全社員のメール送信履歴やPC操作ログを分析したほか、ダイレクトメール発送やテレマーケティングなどの業務委託先のセキュリティ状況を確認。しかしながら、依然流出経路が特定できていないという。

同社では、全社員のPCにおけるアクセスログの解析や保存データの調査を実施しており、調査結果が明らかになり次第、報告したいとしている。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導