Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が顧客情報記載の宛名ラベルを紛失 - 千葉のケーブルテレビ

広域高速ネット二九六は、7月26日、委託先の配達員が番組ガイドの配達中に、顧客65名分の宛名ラベルを紛失したと発表した。

紛失した宛名ラベルには、顧客の氏名および住所などが記載されていた。委託先では、あらかじめ宛名ラベルを封筒に貼ってから配達するように指導していたが、張らずにラベルを持ち出していたため、紛失したという。

同社では、委託先における顧客情報の管理状況などを調査して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市