Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インクリメントP、同報メール配信ソフトのセキュリティ機能を強化

インクリメント・ピーは、メールマガジンやダイレクトメールなどの一括同報送信を安全かつ効率的に行うメールソフト「同報@メール4」を、8月4日より発売する。

同製品は、多数の宛先に対して同報送信を行うメールソフト。「BCC」ではなく、すべての宛先に対し「TO」で1通ずつ送信するため、誤操作によるメールアドレスの漏洩を防ぐことができる。

今回のバージョンアップにより、起動の際のパスワード設定や、パソコンから離れる時に操作をロックできる不正操作防止機能、個人情報データベースの暗号化など、セキュリティ機能が大幅に強化された。また、SSLメールにも対応可能となった。価格は1万9800円。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加