Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、委託先が車上荒らしに遭い顧客情報を紛失

中部電力は、7月13日に名古屋支店において、計量器取替工事を委託している中部精機の作業員が車上荒らしに遭い、顧客情報117件が記載された資料などが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、計量器の取替工事を行う顧客の個人情報が記載された「検満取替お客さま一覧表」とメモリーカード。一覧表には117件の顧客情報が記載されており、そのうち111件はメモリーカードにも保存されていた。顧客の氏名、電話番号、顧客番号、契約種別などが含まれていた。

作業員が計量器の取替工事を実施している間、車内にあった鞄ごと盗まれたという。周辺や立ち寄り先などを捜索するとともに被害届を提出した。同社では該当する顧客に対し説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応