Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、委託先が車上荒らしに遭い顧客情報を紛失

中部電力は、7月13日に名古屋支店において、計量器取替工事を委託している中部精機の作業員が車上荒らしに遭い、顧客情報117件が記載された資料などが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、計量器の取替工事を行う顧客の個人情報が記載された「検満取替お客さま一覧表」とメモリーカード。一覧表には117件の顧客情報が記載されており、そのうち111件はメモリーカードにも保存されていた。顧客の氏名、電話番号、顧客番号、契約種別などが含まれていた。

作業員が計量器の取替工事を実施している間、車内にあった鞄ごと盗まれたという。周辺や立ち寄り先などを捜索するとともに被害届を提出した。同社では該当する顧客に対し説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力