Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、同社ソフトの従量課金プランを発表

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、ホスティング事業者などを対象に同社ソフトを利用量に応じて課金、提供する従量課金プランを7月9日より開始する。

HDEパートナープログラムの一環として提供されるもので、対応製品は、Linuxサーバー管理ツール「HDE Controller」、サーバー集中監視ソフトウェア「HDE Center」、メールフィルタリングソフトウェア「HDE Mail Filter」、メール配信システム「HDE Customers Care」、アンチウィルスソフトウェア「HDE Anti-Virus」、迷惑メールフィルタリングソフトウェア「HDE Anti-Spam」、メール暗号化/電子署名付加ソフトウェア「HDE Secure Mail」など。

(Security NEXT - 2006/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)