Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先の配達ミスで職業訓練受講生の個人情報を流出 - 宮城の雇用開発センター

雇用・能力開発機構宮城センターは、職業訓練受講生55名分の個人情報が記載された書類を送付した際、紛失したことを明らかにした。紛失の原因は、配送業者が誤って郵便受けではなく、求人情報を配布するためのボックスに入れたためだという。

今回紛失した書類は、氏名、訓練受講職種、就労および収入の有無、印影などが記載された「公共職業訓練等受講証明書」47名分。また、氏名、住所、電話番号、訓練受講職種、印影などが記載された「公共職業訓練等通所届」8名分も含まれていた。

6月9日に同センターより塩釜公共職業安定所宛てに送付したが、14日になっても届いていないことが判明。調査の結果、配送業者が郵便受けではなく、誤って求人情報を提供するためのボックスに入れたことがわかった。同ボックス内の求人情報は自由に持ち帰ることができるもので、誰かが間違えて持ち去った可能性が高いと見られるが、まだ確認はできていないという。

同センターでは、該当する受講生に対し事実説明などの対応をしている。今後は、送付方法を見直して安全性を確保するとともに、個人情報の管理体制を強化して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT