Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報566件を含む携帯端末を電車内で紛失

東京電力は、6月8日に、東京支店大塚支社の委託検針員が移動中の電車内に鞄を置き忘れ、顧客情報566件が保存された携帯端末を紛失したと発表した。

紛失した検針用携帯端末には、6月7日に検針した顧客および8日に検針予定だった顧客計566名の個人情報が保存されていたという。含まれる個人情報は、氏名、住所、顧客番号などだが、同端末にはセキュリティ措置が講じていたとしている。

紛失原因は、検針作業へ向かうために乗ったJR京浜東北線の車内への置き忘れで、その後紛失届を出して周辺の捜索などを行っている。同社では該当する顧客に報告と謝罪をするとともに、今後は再発防止に向けて顧客情報の厳正管理を再徹底するという。

(Security NEXT - 2006/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施