Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りPCやHDDが盗難被害に - 三菱系ディーラー

川崎三菱自動車販売は、6月3日から4日にかけて宮前店が事務所荒らしの被害に遭い、顧客情報計4813件が保存されたパソコン7台およびハードディスク1台が盗まれたと発表した。

持ち去られたパソコンには、顧客2958名分の氏名、住所、電話番号、車両登録番号などが保存されていた。パソコン内のデータは暗号化を実施していたという。

また、ハードディスクは顧客のサービスポイント管理用のもので、顧客1855名分の氏名、住所、車両登録番号などが記録されていた。内部のデータを読み込むには、専用のシステムが必要だとしている。パソコン、ハードディスクいずれも施錠されていたキャビネットに保存していたが、こじ開けられた上、盗まれたという。

同社では、該当する顧客に対し個別に報告と謝罪をしている。同社では今回の事件を踏まえ、警備会社によるセキュリティ強化を全店舗に導入するなど対策を実施したいとしている。

(Security NEXT - 2006/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響