Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りPCやHDDが盗難被害に - 三菱系ディーラー

川崎三菱自動車販売は、6月3日から4日にかけて宮前店が事務所荒らしの被害に遭い、顧客情報計4813件が保存されたパソコン7台およびハードディスク1台が盗まれたと発表した。

持ち去られたパソコンには、顧客2958名分の氏名、住所、電話番号、車両登録番号などが保存されていた。パソコン内のデータは暗号化を実施していたという。

また、ハードディスクは顧客のサービスポイント管理用のもので、顧客1855名分の氏名、住所、車両登録番号などが記録されていた。内部のデータを読み込むには、専用のシステムが必要だとしている。パソコン、ハードディスクいずれも施錠されていたキャビネットに保存していたが、こじ開けられた上、盗まれたという。

同社では、該当する顧客に対し個別に報告と謝罪をしている。同社では今回の事件を踏まえ、警備会社によるセキュリティ強化を全店舗に導入するなど対策を実施したいとしている。

(Security NEXT - 2006/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る