Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友信託銀行、顧客情報記載の預金申込書など1192件を紛失

住友信託銀行の51支店において、顧客情報が記載された申込書を紛失していたことがわかった。合計1192件に上るという。

所在が不明となっている申込書には、顧客の氏名、住所、口座番号、取引番号、印影などが記載されていた。顧客情報保護に向けた申込書の管理強化を図るため、保管状況を一斉点検したところ、51の支店で1192件の紛失が明らかになったという。

申込書は発見されておらず、調査の結果、行内で誤って廃棄した可能性が高いとしている。該当する顧客に対しては、すでに報告と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2006/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC