Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本新聞協会、個人情報保護法に危機感 - 混乱や行政の隠ぺいを指摘

日本新聞協会は、個人情報保護法に関する見直しを求める意見表明を行った。

法律の範囲を逸脱した個人情報保護による匿名化が「知る権利」や「表現の自由」など民主主義へ影響があるとして、バランスの取れた法制度を求めている。

今回の意見表明は、内閣府国民生活審議会の個人情報保護部会にてヒアリングにおいて行ったもの。同協会では実施調査を行っており、意見書では、教育や医療、福祉の現場における誤解や報道への影響などを挙げ、深刻な委縮現象や混乱を指摘。

さらに、プライバシーと個人情報が混同されている点や、行政機関が法律の拡大解釈を行い、患部の天下りや先の不祥事職員の非開示など、公共の福祉に反し、法律の範囲から逸脱した行為があるとして、強い危機感を示した。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を