Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西の顧客や従業員の情報がWinny上へ漏洩

NTT東西は、社員自宅のパソコンより顧客や従業員情報などを含んだファイルがWinny上へ流出したと発表した。

社員自宅の個人用パソコンへウイルスが感染し、流出したもので、NTT東日本の個人や法人といった顧客情報が113件、NTT西日本が124件の合計237件が流出。氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレスが含まれていた。また、氏名や所属、電話番号、メールアドレスなど、約2000件の従業員情報も含まれていた。

同社では、個人情報の持ち出しを禁止していたとしており、再度従業員への周知徹底を図るという。該当する顧客へ書面で説明、謝罪するほか、社員に対しても順次対応する。

NTT東西は、2月末に業務委託先社員の私用パソコンからWinnyネットワークへ顧客や従業員の情報の流出していたことを発表したばかりだった。

(Security NEXT - 2006/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入