Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテック、TOBコードを活用で電子証明書発行を簡素化

インテックは、「EINS/PKI+パブリック証明書」の申し込みにおいて、帝国データバンクの「TDB企業コード」を利用した受け付けを3月1日に開始する。

従来、非上場企業などが同証明書の発行を申し込む際、印鑑証明や登記簿謄本などが必要だったが、今回あらたに、「TDB企業コード」へ対応。印鑑証明などの書類が提出不要となり、申し込みの簡素化を実現した。

(Security NEXT - 2006/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出