Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RHL管理ソフトとセキュリティソフトのソリューションを特別価格で提供

ライセンスオンライン、クラスキャット、日本エフ・セキュアの3社は、それぞれの製品を組み合わせたソリューションを特別価格で提供を開始する。

今回、特別価格で提供されるのは、「Red Hat Enterprise Linux」をGUI環境で管理できるクラスキャットの「ClassCat CuteR Server Manager シリーズ」と日本エフ・セキュアのLinuxゲートウェイ向けのセキュリティ製品「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」を組み合わせたもので、定価の20%割引を実現した。企業向けソフトウェアライセンスの販売を手がけるライセンスオンラインが提供する。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加