Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他ユーザが閲覧可能な状況に - 衣料通販携帯サイト

衣類販売などを手がけるピーチ・ジョンは、同社が運営する携帯電話通販サイトにおいて、一部環境において利用者が自分以外の情報を閲覧できる状況になったとして、サイトを閉鎖した。

今回の不具合は、Vodafoneおよびau向けウェブサイトの利用者から2月5日に不具合の指摘を受けて判明したもの。サイトのプログラム修正中に不具合が発生し、他顧客の履歴画面が閲覧できる状況になったという。

閲覧できた状況は氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、メールアドレスのほか、クレジットカード会社名、カード番号の下4桁、有効期限なども閲覧できたとしている。サイトにアクセスしたユーザーは845名でし、さらに履歴を閲覧できる条件だったユーザー数については調査を進めている。同社では、対象となる時間帯と機種をウェブで公開している。

同社では、個人情報問題対策本部をを設置。原因究明などを進めている。また、通信販売協会へ事故を報告、さらに利用者に対してメールで事故を報告するとしている。また、Vodafoneおよびau向けウェブサイトについては事故原因が究明できるまで閉鎖するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処