Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報入りの検針用端末が盗難に

東京電力は、多摩支店立川支社において、委託検針員の私用車が車上荒らしに遭い、顧客547名分の個人情報が保存された検針用携帯端末などが盗まれたと発表した。

被害に遭った携帯端末には、1月26日に検針した顧客、および翌27日に検針の予定だった顧客、合わせて547名分の氏名、住所などが記録されていた。また、顧客9名の氏名が記載された帳票も含まれる。

業務終了後、端末を持ったまま私用車で外出した際、被害に遭ったもので、駐車場へ車を止め、10分ほど離れた間に窓を破壊され、助手席下において置いた鞄ごと端末が持ち去られた。端末にはセキュリティ対策が行われていたとしている。

被害届を提出するとともに周辺の捜索も行ったが、発見には至っていない。該当する顧客に対しては、事情説明と謝罪を行っている。同社では、顧客情報の厳正な管理をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性