Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アライドテレシス、認証からウイルス検疫まで対応するアプライアンス

アライドテレシスは、企業内PCの認証や検疫を実施できるアプライアンス「iBAQSシリーズ」を発売した。100ユーザーに対応する「iBAQS 100 User」と200ユーザーまで対応する「iBAQS 200 User」を用意しており、いずれもオープンプライス。

同製品は、MACアドレスによる認証とアンチウイルスソフトの併用によりネットワークセキュリティを確保するアプライアンス製品。アライドテレシスとアイビーソリューションが共同開発したもので、サーバ、ネットワーク機器、F-Secureの「F-Secureアンチウイルス ワークステーション版」で構成されており、既存のネットワークへ追加するだけで利用できる。

ネットワークに接続されるPCが不正な接続でないか確認し、さらに接続する場合についてもウイルスの検疫を実施する。また、監視機能により、不正な接続などが発生した場合、管理者へメールにて通知する機能も備えている。

(Security NEXT - 2006/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性