Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タクシーへの置き忘れで患者情報を紛失 - 虎の門病院

虎の門病院は、同院医師が帰宅の際、患者情報を記録したUSBメモリを紛失したと発表した。

同院によれば、1月21日未明に医師が都内でタクシーから下車した際、タクシー車内へ鞄を置き忘れたという。鞄には患者情報580名分を保存したUSBメモリが入っていた。含まれる個人情報は、患者の氏名、生年月日、病名、手術日など。

同院では、患者に対して個別に謝罪を行っているという。同院では、個人情報保護の重要性を周知徹底するなど、再発防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2006/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応