Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、電気料金領収書162枚を別の住所へ誤郵送

東京電力は、2005年12月分の電気料金領収書162枚を、関係ない他の顧客の住所へ誤送付したと発表した。

同社によれば、誤送付があったのは、2005年12月中に引越しなどにより電気利用の契約を解約した顧客の12月分領収書162枚。データの誤りにより引越し先ではなく、別の顧客のもとへ送られてしまったという。

同領収書には顧客の氏名、住所、電気使用料などのほか、13枚については口座番号も記載されていた。同社では、該当する顧客に対して個別に訪問して謝罪するとともに、誤郵送された領収書の回収に努めるとしている。また今後は、顧客情報の厳正な管理をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開