Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラムの不具合により書類の顧客情報を誤記載 - 三菱東京UFJ銀

三菱東京UFJ銀行は、合併に伴う振込先銀行名などの変更手続きを依頼する書類の一部において、全く関係ない顧客の口座情報などを誤って記載し、送付したと発表した。今回の事故により資金の移動などは発生しないとしている。

同行によれば、誤記載が判明したのは、旧東京三菱銀行を利用していた法人顧客に対して、今後は合併後の新銀行名で振り込みなどを行うよう依頼した「入金口座依頼変更書」。取引先585社分、最大で3495件の口座番号、カタカナの取引先名などが誤って記載されたという。同行では、書類の回収を進めている。

原因は、書類作成プログラムのバグであることが判明しており、すでに修正されているという。同行では、関係者全てに対し個別に連絡して事情を説明するとともに、顧客情報の管理についてさらに強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消