Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大成建設、車上荒らし被害で顧客情報を紛失

大成建設は、同社子会社である大成建設ハウジング東京において個人情報の盗難事故が発生したことを明らかにした。

今回の盗難被害は、大成建設ハウジング東京の社員が自宅近くの駐車場で車上荒らしに遭ったもの。顧客情報が記載された書類を鞄ごと盗まれたという。

持ち去られた書類は建築確認申請書の副本や、設計図のほか、役所への提出書類などで、8名分の氏名や住所、電話番号、建築に関連する情報を含んでいた。

同社では国土交通省へ事故を報告。さらに関連する顧客へ個別に説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング