Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブルーコート、中小規模ネットワークに最適のスパイウェア検知機器を発表

ブルーコートシステムズは、スパイウェアの検知とネットワークの防御に特化したアプライアンス「Spyware Interceptor」を発表した。日本語対応は来春の予定。

同製品は、従業員1000名までの中小規模のネットワークを対象に、スパイウェアの検知と防御を行うアプライアンス。ゲートウェイ上に設置するため、スパイウェアが社内ネットワークに侵入するのを未然に防ぐことができる。

また、特許申請中のスパイウェア防御対策エンジン「SCOPE」が搭載されており、未知のスパイウェアを自動的に検知してログを記録する。新たに発見されたスパイウェアの定義ファイルや、ポリシー設定のための新しいモジュールが自動的にアップデートされるため、管理の負担が軽減される。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に