Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブルーコート、中小規模ネットワークに最適のスパイウェア検知機器を発表

ブルーコートシステムズは、スパイウェアの検知とネットワークの防御に特化したアプライアンス「Spyware Interceptor」を発表した。日本語対応は来春の予定。

同製品は、従業員1000名までの中小規模のネットワークを対象に、スパイウェアの検知と防御を行うアプライアンス。ゲートウェイ上に設置するため、スパイウェアが社内ネットワークに侵入するのを未然に防ぐことができる。

また、特許申請中のスパイウェア防御対策エンジン「SCOPE」が搭載されており、未知のスパイウェアを自動的に検知してログを記録する。新たに発見されたスパイウェアの定義ファイルや、ポリシー設定のための新しいモジュールが自動的にアップデートされるため、管理の負担が軽減される。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII