Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

常陽銀行、車上荒らし被害で顧客情報を紛失

常陽銀行は、行員が車上荒らしの被害に遭い、顧客の個人情報が含まれる鞄を紛失したと発表した。

同行によれば、9月20日に同行利根支店の行員が竜崎市内の飲食店で飲食している間に車上荒らしの被害に遭ったという。同行員は、飲食後に、車の後部座席の窓が割られ、車内にあった鞄が盗まれていたことに気が付いた。鞄には、顧客名、住所、取引内容など56件の情報を含んだ資料が入っていた。

同行では、顧客情報の持ち出しを禁止していたが、同行員は転勤したばかりのため、引継した情報を勉強するため、持ち出したのではないかとしている。対象となる顧客へ個別に事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件