Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイフル、融資の利用明細書控え67件分を紛失

アイフルは、9月6日に新松戸駅前店において、店頭での融資による利用明細書控え67件分の紛失が判明したと発表した。

同社によれば、紛失の対象となったのは、2005年4月4日から5月31日までに行われた67取り引き分。紛失した明細書控えには、顧客の氏名、住所、融資金額、利用残高などが記載されていた。

紛失の判明後、ただちに店舗内を捜索したが発見されなかった。同社では、誤って不要書類とともに廃棄処理した可能性が高いと結論づけている。

同社では、該当する顧客に対して個別に連絡をして経緯説明と謝罪をするとともに、紛失した情報が悪用された場合に備え、対応方法を説明している。今後は再発防止に向け、社員教育の再徹底に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2005/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省