Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡地証券、2支店で有価証券の注文伝票を紛失

岡地証券は、多治見支店および桑名支店において、顧客情報が記載された「注文伝票」の紛失が判明したと発表した。

同社によれば、紛失した書類は、顧客から受けた有価証券の売買の注文内容が記載された「注文伝票」。多治見支店では2002年4月から2003年8月までの取引の一部、桑名支店では2003年10月から2004年7月までの取引の一部における内容が記載された書類を紛失した。同伝票は、法令により5年間の保存が義務づけられている。

同社では、内部調査の結果、両支店において誤って破棄した可能性が高いとしている。同社では、専用の問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、顧客情報の管理体制をより徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か