Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、機密情報のライフサイクルを一元管理するシステムを発売

NTTコミュニケーションズは、顧客情報などの機密情報について、ダウンロードから送受、廃棄までのライフサイクルを一元管理するパッケージソフトウェア「情報ライフサイクル管理システム(LCVISOR)」を発売した。

同製品は、顧客情報などの機密情報について、データのダウンロードから送受、保管、廃棄に至るまでのライフサイクルを一元管理し、情報の所在の明確化や廃棄漏れのチェックなどを行うもの。廃棄漏れに対するアラーム機能も備えているため、廃棄忘れによる情報漏洩を抑止できる。

また、パソコン端末と携帯電話のブラウザによる操作が可能なほか、カード型認証製品や暗号化商品など、他社のセキュリティ商品と組み合わせたカスタマイズもできる。価格は、100ライセンス当たりの初期費用が84万円、月額保守料が6万3000円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処