Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJ信託銀、11万6000名の顧客情報が記録されたフィルムを紛失

UFJ信託銀行は、11万6000名の顧客情報が記録されたフィルムを紛失したと発表した。

紛失した資料は、コムフィッシュとよばれるフィルム状の内部資料で、約11万6000名の顧客情報が記録されており、氏名、住所、生年月日、顧客番号、契約番号、信託元本、収益金、借入人番号、融資日、融資額、返済元金などが記録されていた。

同行では、今回の紛失を誤廃棄によるものとしており、外部への漏洩について可能性は低いとしている。該当顧客に対しては個別に書面で連絡する予定。また、コンピュータ上の取引データには影響ないとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店