Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カード、カード情報流出の可能性を確認するページを設置

三井住友カードは、米国におけるカード顧客情報の流出に関して、同社での確認状況を報告するとともに、情報流出した可能性のあるカードかどうか確認できる機能をホームページ上に設置した。

同社によれば、同社が発行するカードのうち、流出した可能性のあるカード情報は、VISAカードでは78件、マスターカードでは6件の合わせて84件。6月28日時点で不正検知システムにより不正使用が判明したとみられるカードは、VISAカードで69件、マスターカードで5件の合わせて74件となっている。被害額は、合計で896万円。

同社では、情報流出の可能性のある顧客に対して、個別に手紙で案内を送付したとしている。また、所有するカードが、今回情報流出したカードかどうかを確認できる機能を、ホームページ上に設置した。IDとパスワードか、会員番号と暗証番号でログインして確認する。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者