Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カード、カード情報流出の可能性を確認するページを設置

三井住友カードは、米国におけるカード顧客情報の流出に関して、同社での確認状況を報告するとともに、情報流出した可能性のあるカードかどうか確認できる機能をホームページ上に設置した。

同社によれば、同社が発行するカードのうち、流出した可能性のあるカード情報は、VISAカードでは78件、マスターカードでは6件の合わせて84件。6月28日時点で不正検知システムにより不正使用が判明したとみられるカードは、VISAカードで69件、マスターカードで5件の合わせて74件となっている。被害額は、合計で896万円。

同社では、情報流出の可能性のある顧客に対して、個別に手紙で案内を送付したとしている。また、所有するカードが、今回情報流出したカードかどうかを確認できる機能を、ホームページ上に設置した。IDとパスワードか、会員番号と暗証番号でログインして確認する。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起