Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カード、カード情報流出の可能性を確認するページを設置

三井住友カードは、米国におけるカード顧客情報の流出に関して、同社での確認状況を報告するとともに、情報流出した可能性のあるカードかどうか確認できる機能をホームページ上に設置した。

同社によれば、同社が発行するカードのうち、流出した可能性のあるカード情報は、VISAカードでは78件、マスターカードでは6件の合わせて84件。6月28日時点で不正検知システムにより不正使用が判明したとみられるカードは、VISAカードで69件、マスターカードで5件の合わせて74件となっている。被害額は、合計で896万円。

同社では、情報流出の可能性のある顧客に対して、個別に手紙で案内を送付したとしている。また、所有するカードが、今回情報流出したカードかどうかを確認できる機能を、ホームページ上に設置した。IDとパスワードか、会員番号と暗証番号でログインして確認する。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社