Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティレベルに対応するアクセス監視システム - インサイトテクノロジー

インサイトテクノロジーは、情報のセキュリティレベルに応じたアクセス監査を実現する情報漏洩監視システムの新バージョン「PISO 2.1」を発売した。

同製品は、情報のセキュリティレベルに応じて、Oracle Databaseに対するアクセスを記録、監視する情報漏洩監視システム。「オブジェクト・セキュリティレベル」という概念を採用し、機密情報を格納したOracleオブジェクトに対して5段階のセキュリティレベルを設定し、アクセスを監査する。

クレジットカード番号や銀行口座番号といった機密性の高い情報を、他の情報と区別してアクセスを監査する。また、アクセスログを検索、調査する機能が強化され、セキュリティレベルの角度から、機密情報別およびデータにアクセスしたユーザー別に、アクセスログを絞り込むことが可能になった。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省