Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、顧客情報約1万3000件が保存されたPCが盗難に

NTTコミュニケーションズは、マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」を契約している顧客約1万3000名分の個人情報が保存されたノートパソコンが、盗難被害に遭ったと発表した。

同社によれば、6月9日早朝に本社ビル内の座席キャビネットに収納していたパソコンの紛失が判明した。ただちに社内調査を実施したが発見できなかったため、盗難と判断し、6月13日に盗難届を提出した。

被害に遭ったパソコンには、マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」に、2005年2月から5月の間に申し込んだ顧客の氏名、マンション名、電話番号などを含む個人情報約1万3000件分が保存されていた。

同パソコンには、ICカードによる認証とファイルの暗号化によるセキュリティ対策が施されていたとしている。また、社内に入るにはICカードが必要だという。

同社では再発防止に向け、ノートパソコンの確実な施錠保管など、これまでのセキュリティ対策をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏