Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、顧客情報約1万3000件が保存されたPCが盗難に

NTTコミュニケーションズは、マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」を契約している顧客約1万3000名分の個人情報が保存されたノートパソコンが、盗難被害に遭ったと発表した。

同社によれば、6月9日早朝に本社ビル内の座席キャビネットに収納していたパソコンの紛失が判明した。ただちに社内調査を実施したが発見できなかったため、盗難と判断し、6月13日に盗難届を提出した。

被害に遭ったパソコンには、マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」に、2005年2月から5月の間に申し込んだ顧客の氏名、マンション名、電話番号などを含む個人情報約1万3000件分が保存されていた。

同パソコンには、ICカードによる認証とファイルの暗号化によるセキュリティ対策が施されていたとしている。また、社内に入るにはICカードが必要だという。

同社では再発防止に向け、ノートパソコンの確実な施錠保管など、これまでのセキュリティ対策をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も