Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

香川銀コンピューターサービス、8名分の顧客情報が記録されたフロッピーを紛失

香川銀コンピューターサービスは、8名分の顧客情報が記録されたフロッピーディスク2枚を紛失したと発表した。

同社によれば、5月12日に集金代行サービスの依頼企業から送られたフロッピーディスクが、5月18日に紛失していることが判明した。6月3日時点でまだ発見されていない。同フロッピーには口座振替依頼データが記録されており、個人の顧客8名分の預金口座振替にかかる銀行と支店名、口座番号、預金者氏名、振替金額などの個人情報が含まれていた。

社内調査の結果によれば、同フロッピーは誤って破棄した可能性が高いという。同社では、該当する顧客および依頼企業に対し、経緯説明と謝罪を行うとともに、再発防止に向けて、重要書類や顧客情報の授受確認を徹底し、ルール化するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月