Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

松下電工、顧客情報2233件が保存されたMOディスクを紛失

松下電工は、顧客の個人情報が保存されたMOディスクを紛失していることが5月13日に判明したと発表した。

保存されていた個人情報は、2003年5月から2004年3月までの間に東京汐留にある同社ショウルーム「ナショナルセンター東京」で「からだバランスチェック」を受けた顧客情報2233件。氏名、住所、電話番号などが含まれる。

同社では、5月27日の時点でMOディスクが故意に社外に持ち出された形跡はないとしている。

(Security NEXT - 2005/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る