Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、30件の顧客情報が記載された帳票1枚を紛失

東京電力は、5月23日に、沼津支店伊豆支社熱海営業センターにおいて、委託検針員が、30件の顧客情報が記載された帳票1枚を紛失したと発表した。

同社によれば、検針員が検針作業の終了後、検針結果を確認するため携帯端末から出力した帳票10枚を紛失した。その後同日中に、紛失した帳票のうち9枚は拾得者より同社に返還されたが、残りの1枚は付近を捜索するとともに紛失届を提出したものの、5月27日時点では発見されていない。

紛失した帳票には、顧客30名分の氏名および顧客番号が記載されていた。同社では、該当する顧客に対して個別に訪問し、事情を説明し、謝罪しているという。

(Security NEXT - 2005/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所