Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報で惑わす悪質なフィッシング詐欺が登場

米国のセキュリティベンダーであるCyotaは、個人情報を利用する悪質なフィッシング詐欺を確認したとして、警告を発している。

この新手のフィッシング詐欺では、従来の無差別にスパムメールを送付する方法ではなく、盗み出した個人情報を利用し、銀行からの個人宛のメールを装い、さらに特定の金融機関名や、個人情報をメール内に記載することで、ユーザーを心理的に油断させ、金融機関への登録情報など、より再販価値が高い個人情報を盗みだすという。

同社では、銀行からのメールに関しても直接クリックするのではなく、直接ウェブサイトへアクセスするよう警告を発している。

(Security NEXT - 2005/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」