Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

伊勢丹、22件の個人情報が記録されたパソコンを紛失

伊勢丹は、浦和店のインテリアデザインサービスショップにおいて、パソコン紛失事故が発生したと発表した。22件の個人情報が含まれていたという。

同サービスショップを利用した際の注文書や請求書の情報が含まれており、氏名、住所、電話番号が含まれていた。信用情報は含まれていない。

同社では、盗難被害届けを提出。現在調査を続けている。該当顧客には個別に説明し、謝罪したという。同社では、再発防止策として、保管ルールの再徹底および教育指導を実施。情報管理体制の強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開