Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTO、業態に合わせたシンクライアントシステムを発売

CTOは、クライアント側に記録ドライブを持たないネットワーク端末「Thinクライアント」と、イーサネットを通じて同端末を運用するサーバシステム「DIDシステム」を発売する。

同端末は、クライアント側にハードディスクなどの記録ドライブを搭載しないことにより、盗難や紛失による情報の流出を防ぐもの。専用のサーバシステムと組み合わせることにより、OSやアプリケーション、デバイスドライバ、設定情報をイメージで受け取り、システム、アプリケーションの運用ができる。

1サーバで最大60クライアントまでの起動が可能。「企業・教育機関・公共施設向けクライアント」、「ホテル・宿泊施設向けクライアント」および「インターネットカフェ向けクライアント」の3種が用意されている。また、設置から1年間、無料で出張修理が受けられるサービスが付いている。

(Security NEXT - 2005/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追