Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、4月のウイルストップ10を公表

ソフォスは、2005年4月のウイルス報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を公表した。

4月に最も多く検出されたウイルスは、2004年末に出現した「Zafi-D」で46.6%を占めた。5カ月連続で1位となっている。「古い」ウイルスの勢力が未だに衰えておらず、同社では、ウイルス対策が適切に行われていないことを指摘している。

4月に新たに出現したウイルス「Mytob-Z」が7位に登場している。同ウイルスは、件数は少ないものの、バックドアを作成するため、ハッカーがリモートアクセスにより感染コンピュータをコントロールでき、スパイやスパム送信、DoS攻撃などに使われる恐れがあるなど、危険性が高いとしている。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D(46.6%)
W32/Netsky-P(20.6%)
W32/Zafi-B(4.5%)
W32/Netsky-D(4.5%)
W32/Netsky-Z(2.5%)
W32/Netsky-B(2.4%)
W32/Mytob-Z(1.3%)
W32/MyDoom-O(1.2%)
W32/Netsky-C(1.1%)
W32/Netsky-Q(1.0%)

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開