Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報に関する届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)およびJPCERT コーディネーションセンターは、2005年第1四半期の脆弱性関連情報に関する届出状況をまとめ、発表した。

今回発表されたのは、2005年1月から3月における、脆弱性関連情報の届出状況。IPAは脆弱性関連情報の届出受付を、JPCERT/CCは国内の製品開発者などの関連組織との調整を2004年7月より行っている。

同発表によれば、ソフトウェア製品に関する脆弱性情報の届出件数は12件で、そのうち6件が公表されている。その中には、サイボウズOfficeのHTML対応ウェブメール機能において、ブラウザスクリプトが実行される脆弱性や、マカフィーのウイルススキャンエンジンにおけるバッファオーバーフローの脆弱性などが含まれる。

ウェブアプリケーションに関する脆弱性情報の届出件数は71件で、そのうち54件が修正完了となっている。その中には、JavaアプリケーションのインストールプログラムなどがJava環境のセキュリティポリシーを書換えてしまい、PCのセキュリティレベルを低下させるというものが複数あった。

(Security NEXT - 2005/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響