Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、ICカード認証でプリンタからの情報漏洩を防止する新製品

富士ゼロックスプリンティングシステムズは、ICカード認証により、プリント時の情報漏洩対策を実現するソフトウェア「iPrinting.Secu@ 認証印刷システム for DocuPrint 」を、2005年4月8日より発売する。

同ソフトは、レーザープリンター「DocuPrintシリーズ」と組み合わせ、プリント実行時にICカードによるユーザー認証を行うことで、印刷物の取り忘れや第三者の持ち出し、閲覧などによる情報の漏洩を防ぐもの。

パソコンからのプリント指示時と、プリンターのプリント実行時に二重でユーザー認証を行う「デュアル認証機能」、またはパソコンからのプリント指示時にのみ認証を行う「シングル認証機能」を設定可能。また、印刷伝送路の暗号化通信機能により、ネットワーク上での盗み見による情報漏洩を防ぐ。

ソリトンシステムズのセキュリティシステム「SmartOn NEO」との連携版と単独版が用意されており、価格はともに、サーバソフトが15万円(税別)。クライアントソフトが1ライセンス5000円(税別)からとなっている。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を