Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アフラック、契約者情報1万3000件を紛失

アメリカンファミリー生命保険会社は、兵庫県内において団体契約者の一部契約者情報が記録された磁気テープを紛失したと発表した。

紛失した磁気テープは、団体契約顧客が保険料を請求するために提供しているカートリッジ型磁気テープ4本。兵庫県内の団体に所属する1万3777名の契約者情報が記録されていた。氏名、生年月日、証券番号、契約日、保険料といった個人情報のほか、被保険者の個人情報3573名も含まれていた。

団体へ貸し出した後、当社システム部門に返却されたが、同部門内で所在不明となったという。同部門では、監視カメラなどによりチェックしており、現時点では部門外に持ち出された事実は確認されておらず、同社では、他の不要な磁気媒体とともに廃棄してしまった可能性が高いとしている。

同社では、該当する顧客に対して事情を説明、謝罪状を送付した。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘