Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシストマイクロ、電子文書化サービスに暗号化を追加

アシストマイクロは、アナログデータのデジタル化サービス「e-docサービス」に暗号化機能を付加した「ARM-Docサービス」の提供を、2005年3月25日より開始する。

同サービスは、文書や図面など紙のドキュメント類、マイクロフィルム、カラー写真といったアナログデータを一括処理でデジタル化する「e-docサービス」に、イージーシステムズジャパンの情報漏洩防止ソフトウェア「ezFile Security 2」を採用することで、データの暗号化処理を提供するもの。

ファイル単位でセキュリティポリシーを設定できるため、利用効率性を維持したまま、情報の漏洩や改ざんを防止できるという。暗号化の価格は、A4サイズ1ページで2円から。電子化は、同サイズ1ページで8円からの別途費用がかかる。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件