Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報2万5000件流出で謝罪 - NTTドコモ

NTTドコモは、同社携帯電話契約者の個人情報2万4362件が流出したと発表した。同社はホームページにて謝罪文を掲載、現在流出原因の調査を進めている。

中越地震の被災地域について料金減免措置を行った顧客リスト2万4362件が流出したもの。同社では、2004年12月1日から23日にFOMAデータ通信でナビダイヤルを利用した関東甲信越の顧客リストである可能性が高いとしている。

現時点で流出経路等は特定されていない。同社は、流出した可能性のある顧客に対して個別に連絡する予定。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge 111.0.1661.54」がリリースに - 独自に脆弱性2件を修正
芸術学科公演会の案内メールで誤送信 - 近畿大
組合員や取引先の電話番号含む携帯電話を紛失 - JA遠州夢咲
「サイバー攻撃演習訓練実施マニュアル」を公開 - 日本シーサート協議会
国と都の開業支援施設、マルウェア感染確認されず
福岡県暴力追放運動推進センターがサポート詐欺被害 - 情報流出のおそれも
米政府、重要インフラ向けの「CPGs」をアップデート
ランサム被害が前年比約1.5倍 - バックアップ取得も復元に難あり
米政府、「AzureAD」や「MS365」環境向けのインシデント調査ツールを公開
「JavaScript」のランタイム環境「Deno」に脆弱性