Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイパーギアら、電子データの長期保存アウトソーシングサービスを提供開始

ハイパーギアとセキュリティリサイクル研究所は共同で、e-文書法や個人情報保護法への対応を目的とした、機密性の高い電子データの長期保存アウトソーシングサービス「ハイパー電子金庫サービス」の提供を開始する。

同サービスは、e-文書法の施行により法的効力を持つようになる電子データを、高セキュリティの環境で長期保存するもの。

電子署名だけではデータの真正性が確保できない電子データに対し、タイムスタンプによる時刻認証を行うだけでなく、長期保存のために必要な、タイムスタンプの期限が切れる5から10年後にも署名を延長できる署名延長機能を備えている。

タイムスタンプの付与および自動延長や電子データの長期保存は、「HG/デジタルシェルター(電子データ長期保存サーバ)」で行われる。同シェルターは、24時間オンライン監視、指紋認証による入退出管理などが行われているセキュリティリサイクル研究所内の新情報管理センターに設置され、共同で運営される。

(Security NEXT - 2005/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC