Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報流出の可能性 - オリエンタルランドが調査委員会を設置

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、両アミューズメントパークの年間パスポート保有者に関わる個人情報が社外に流出している可能性があるとして、現状況と今後の対応について発表した。

同社によれば、2004年12月23日以降、年間パスポートを保有している顧客ならびに過去に保有していた顧客より、「不審な電話がかかってきた」という連絡が数件あったという。また12月29日には、同社に対し、同パスポート保有者の氏名などを例示しながら、個人情報の入手をほのめかす不審な電話があった。

今回の状況を踏まえ、同社では何らかの形で顧客情報が外部に流出している可能性があると判断、調査委員会を設置して原因究明を進めているという。しかし現時点では原因の特定にはいたっていない。また顧客に対しては、特別相談窓口を設けて問い合わせに対応するとしている。

(Security NEXT - 2005/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス