Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

堺市で高齢者施設の利用者情報1600件が盗難

堺市は、12月12日に同市の中老人福祉センターにてパソコン盗難被害が発生し、同施設利用者の個人情報1588件を紛失したと発表した。

同市が、堺市福祉サービス公社に管理運営を委託している堺市立中老人福祉センターのパソコンが盗難されたもの。パソコンには、氏名、住所、生年月日、性別、緊急連絡先など1588件が保存されていたという。同市では、パソコンにパスワードを設定していたとしている。

(Security NEXT - 2004/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘